埼玉県越谷市周辺での遺言に関するお問い合せはお気軽に
電話をかける
東武スカイツリーライン 新越谷駅 JR武蔵野線 南越谷駅 徒歩3分 駐車場完備

署名できない患者さんが病床で公正証書遺言を作成した事例

相談者

解決事例01

相談前

遺言者Aさんは、妻と3人の子供がいましたが、長男はAさんに迷惑ばかりかけて、その都度Aさんが尻拭いをしていました。平成22年に当事務所に来られて、長男には相続分をゼロとして、他の3人で相続する遺言を自筆遺言証書で書きました。その後、Aさんは、2度のがんの手術で入院をしました。平成26年春に入院先の病院から電話があり、Aさんが弁護士に会いたいと言っているとのことでした。担当弁護士がAさんと面会すると、先の遺言を変更して、長男にも少し残したいということでした。この時のAさんは、体力もなくなり、自分の名前も書けない状態でした。病院の説明によると、Aさんは、この1週間がヤマで、今は意識があるものの、あと3,4日もすれば意識もなくなる可能性があるとのことでした。

相談後

担当弁護士は、直ちに公証役場に赴いて、Aさんの希望に沿った遺言書作成の準備に取り掛かりました。

3日後に、公証人が病院に来て、先の自筆証書遺言を取り消して、新たに、長男の遺留分に配慮した公正証書遺言を作成しました。Aさんは、やはり長男のことが気がかりだったのでしょうか、作り終えると安心した顔をしていました。Aさんは、5日後に亡くなりました。担当弁護士が遺言執行者となって、Aさんの遺言書に従って、長男を含めた相続人の方々に遺産を特にもめることもなく、分配することができました。

弁護士からのコメント

以前弁護士に遺言書の作成を依頼していたから、危急の時にも弁護士に頼って、遺言書を作り替えることができました。

病院に入院していても病床で、公正証書遺言を作成できますし、名前が書けなくなっても意識さえしっかりしていれば、公正証書遺言を作成できます。あきらめずに弁護士に相談してください。

Copyright (C) 2015 Ecclesia Law Office. All Rights Reserved.